東京のシェアハウスで楽しく過ごすコツ

東京のシェアハウスで生活する時の注意点

東京は日本の中心部になっているので全国各地から上京してくる人がたくさんいます。それで賃貸マンションを借りて一人暮らしをする人もいますが、東京は家賃相場が高くなっていて金銭面で問題が発生してしまう人もそれなりにいます。それで少しでも家賃を安く抑えたいと考えてシェアハウスに入居する人も最近では増えてきています。東京のシェアハウスは主に20代から30代の若者が利用していますが、注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで東京のシェアハウスの注意点を確認していきましょう。

【他の人のプライベート空間まで入り込まない】
東京のシェアハウスに入居すると他の人と共同生活を送る事になります。共有スペースなどでは他の人とコミニケーションを取りながら楽しく過ごすのもOKです。しかし他の人のプライベート空間に入ってしまうと嫌がられる可能性があります。東京のシェアハウスで生活を送る時は他の人のプライベート空間まで入り込まないようにしましょう。
【共有スペースを利用する時は他の人の事も考える】
東京のシェアハウスで生活を送る時にキッチン、トイレ、浴室などは他の人と共有して使用する事になります。そこで汚くしてしまったりすると他の人に迷惑がかかってしまうので共有スペースを利用する時は他の人の事も考えるようにしましょう。

シェアハウスは自分にあった立地で選ぼう

私が東京生活で得た経験から、色々なタイプのシェアハウスシェアハウスを比較すると立地で内容が大きく変わるなと感じたことをお話しします。
シェアハウスはを利用する人のタイプが立地によって大きく分かれています。
上京して間もない人が利用するのには中野区や杉並区に多いようです。
住んだみるとよくわかるのですが、中野区や杉並区は決してお洒落で洗練された街とは言い難いのですが、渋谷や新宿といった主要都市から20分ほどの圏内で、地主さんが多く田舎気質のような温かみのある街なので、東京に慣れていない人にとっても安心して住みやすいところです。
そして、この地域には最近、1棟のマンションを利用した綺麗なシェアハウスが多く、一人暮らしと変わらない環境の中で寂しさを感じることもなく、7万から10万ほどで借りられるところが魅力です。
そして、企業したいビジネスパーソン向けや女性限定のセキュリティ万全のお洒落なシェアハウス生活がしたい人には恵比寿界隈にある高層マンション型のものがお勧めです。
予算は13万前後で部屋も狭いところが多いですが、一人暮らしで恵比寿にこの予算でお洒落な生活を求めるのはなかなか厳しいので、とてもお得です。
そして、江東区や世田谷区、江戸川区など少し下町の方には一軒家やアパートを利用したシェアハウスが点在しています。
費用を抑えて日夜、みんなでアットホームな生活がしたい人にはお勧めのスポットです。